介護職の残業をなくすためのコツ

介護職はハードな環境にあるといわれています。高齢者の日常生活をサポートする業務なので、着替え介助や入浴介助、体位移動などを行わなくてはならず、力仕事が多いのがその理由の一つです。また、人の命を預かるという業界特有の責任の大きさで、精神的にもかなりの負担を強いられてしまいます。そのため、介護業界は離職率が高いことでも知られ、結果として、深刻な人手不足に悩まされているのです。

高齢化社会の歯止めが聞かず、ますます介護を必要とする高齢者が増えているのに、それを支える介護者の人数が足りていないとなると、おのずと一人の介護士に任される仕事量が多くなってしまいます。その結果、介護職で残業が多くなるという現状が起こっています。残業が多い職場環境では、人が定着するわけもなく、そのハードさに耐えられずに退職者が出てくるようでは悪循環に陥ってしまうのです。

しかし、そのような状況でも、現状を良くするための改善策はあります。それには、チームワークを良くする努力をし、仕事を効率的に行うようにするのです。至極当たり前の改善方法ではありますが、いざハードな環境にいると自分の仕事で手一杯で、周りのことまで考えられなかったり、冷静に状況を判断したりすることができなくなってしまうものです。自分の仕事が終わったら、手伝うことがないかこまめに声を掛け合うと、仕事をスムーズかつ効率的にこなせるようになり、職場の雰囲気も良くなります。それがやがては残業を減らすことにつながるのです。また、残業を減らす方法にスポットを当てたサイトもチェックしておくと、より詳しい参考情報を得られるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です