スタッフの一部に残業が多い場合の対策

介護の仕事で残業が負担になると感じたら、改善策を考えましょう。忙しい状態が継続すると、過労に陥る可能性も考えられます。残業の問題を解決するには、職場ぐるみでの取り組みが欠かせません。

例えば、居残りでの仕事が多い原因として、職場での役割分担に問題があることが挙げられます。介護施設では、複数のスタッフが互いに役割を分担しながら介護業務をこなしています。職場によっては、勤務している介護職員それぞれの役割分担に偏りが生じていることも珍しくありません。忙しく働いている介護スタッフがいる一方で、時間を持て余しがちな介護スタッフもいるかもいsれません。そこで、仕事量に偏りが生じている状況を改善するために、それぞれの介護スタッフの役割分担への見直しが欠かせなくなります。

介護スタッフの負担ができるだけ均一になるよう改善方法を工夫すれば、介護スタッフの離職に関するトラブルを予防する効果が期待できるでしょう。介護現場での役割分担の見直しは、職場のリーダーが率先して行うことが肝心です。職場の状況を把握し、もし介護スタッフの中で一部に仕事の負担が偏っていると考えられる場合は、早急に対策を講じましょう。介護スタッフの過労による離職を予防するためにも、現場のリーダーは、スタッフたちの働いている様子に常に把握しておくことが欠かせません。管理能力が高く、仕事を適切に各スタッフに割り当てられる実力を持ったリーダーがいる職場では、残業による過労で離職する者は少ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です