時間外労動が多い場合の改善方法

介護の仕事は直接利用者の介護をするだけではありません。介護に利用する機器や設備のメンテナンスをする必要があったり、記録を付けたりといった介護以外の部分も多くあり、それをこなすために残業をするという事も多くなっています。労働時間が長くなると働いている人の疲れが溜まり、介護の質にも影響してくることがあります。より良い介護のためにも改善方法を考え、積極的に取り組んでいくことが大切です。

事務処理などは定型化できる部分はルールを作って定型化してしまいましょう。専用のソフトを使い入力する部分を極力少なくすることもできますし、記録を書く際にも毎回書くようなことについては枠を作っておき、記号などを書き込めば済むようにしておくと、それにかかる時間を大幅に削減することができます。メンテナンスや介護といった基本的な部分は削減しづらいので、こういった事務にかかる負担を減らしていくことにまず取り組んでみましょう。

実行していくにはスタッフ全員で情報を出し合い、より良い方法を探っていく必要があります。介護をして人に幸せになってもらえるというのは素敵なことです。しかし、一生懸命働けば良いというものではありません。本当に良い介護をするためには、介護を行う者にも余裕がなければなりません。そのために残業を減らし、本来やるべき介護にきちんと専念できるように、職場の全員で改善方法を検討して取り組んでいくようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です