残業を減らすためには、集中力の持続がポイント

職場で残業が多い原因には、集中できていない可能性が考えられます。集中力を切らしていると作業効率が悪くなり、予定している作業時間内に全ての業務を終えることはできなくなります。本人は集中して仕事に従事しているつもりであっても、客観的に見れば集中力が途切れがちである状況はよくあります。介護の仕事でも、周囲の事が気になってつい気が散ってしまい、作業効率が悪くなっていることがあり、残業を増やしている原因につながっているかもしれません。そこで介護の現場で残業を減らすための改善方法として、集中力を維持する取り組みが欠かせなくなります。

まず集中力を保つためには、体調を万全に整えることが第一の鍵です。体調が優れなければ、集中できる状態を保つことはできませません。偏った食事で必要な栄養が不足していたり、連日の夜更かしで睡眠時間が短いと、集中力の維持には問題が生じます。そこで、これまでの乱れた生活習慣を正し規則正しい生活を心掛けることが、残業を減らすための重要なポイントになります。他にも、訓練次第で集中力の持続時間を伸ばせます。瞑想は集中力をアップさせる効果が期待できて、さらに呼吸法と合わせると仕事の集中力が維持します。また時間目標を設定し、その間は課題に集中するような訓練を繰り返すことも効果が大きいです。

仕事の集中力は介護の仕事のみならず、幅広いビジネスの分野でも応用できるので、このスキルを高めるための取り組みは、十分に試す価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です